胸 劣化させない

胸が小さくなる・垂れる・シワがでる...

 

女性も30代以降になると体型に変化が訪れます。

 

 

顔にシミができる、くすみができる、たるみが目立つようになってきた...。このような顔の変化は化粧品によるスキンケアやエステなどでカバーすることはできますが、体型による変化はそう簡単にはいきません。

 

 

この体型の変化の中でも胸(バスト)の変化、いわゆる劣化は簡単に対処できるものではありません。

 

 

胸が垂れてくる、艶がなくなりシワが目立つようになってきた、20代の頃よりハリがなくなりサイズダウンしたなど胸の劣化に悩んでいる30代以降の女性は予想以上に多いと言われています。

 

さらに、30代以降の女性の中でも出産や授乳などを経験した場合、胸の劣化は加速度的に進行します。

 

 

 

そして、こうした胸の劣化の最大の原因となっているのが女性ホルモンです。

 

 

 

特に30代以降の女性は「美」の女性ホルモンと言われるエストロゲンが年々減少していきます。そのため、肌にツヤがなくなりシミができやすくなる。また潤いがなくなり体全体のむくみやたるみに悩まされることになります。

 

そしてこうしたエストロゲンの減少による体型の劣化は胸(バスト)にも悪影響を与えます。

 

こうした胸の劣化はエステやスキンケア化粧品ではどうにもなりません。なぜなら、胸の組織はバランスの良い女性ホルモンの分泌によってつくられているからです。「胸ってたんなる脂肪の塊でしょ?」・「太れば胸も大きくなるはず!」と勘違いした多くの女性たちがこうした間違った認識のもと正しいバストケアを実践せずに胸の劣化を食い止めることに失敗してきました。

 

 

 

しかし、現在ではこうした胸の劣化(サイズダウン・垂れ・シミシワ)を防ぎ、若々しい胸を取り戻すための方法が美容業界だけでなく世間一般にも浸透してきました。

 

 

それが女性ホルモンの分泌を整えて、本来の体のリズムを取り戻すことです。

 

 

出産や授乳そして年をとることで崩れてしまった本来の健康的なリズムを取り戻すこと。

 

その最もベスト方法が女性ホルモンのバランスを整えることです。

 

最近ではこうした女性ホルモンのバランスを整えて、本来の体のリズムを取り戻し、胸の劣化を防ぐだけではなくマイナス10歳若返る女性が急増しています。こうした女性は食事・睡眠などの生活習慣の改善ではどうにもならないあらゆる体型の劣化をサプリ(天然の栄養素)を体内にとりいれることでカバーしています。

 

 

 

胸の劣化を食い止めてマイナス10歳を実現!?LUNAサプリのすごい効果体験レビュー

 

 

 

女性は心も体も女性ホルモンによって支配されています。

 

 

女性は思春期から成長するにつれて女性ホルモンの影響を強く受けるようになります。

 

 

しかし、多くの女性はあまり女性ホルモンのことについて知らないため、女性ホルモンに良い習慣やケアをしていません。そのため、年齢とともに胸が垂れ下がってきたり、肌が汚くなったりと劣化が止まらなくなります。

 

 

実は女性ホルモンはツヤツヤな若々しい肌、サラサラヘアー、豊満でピチピチな胸やおしり、くっきりとしたウエストラインなど女性を美しく魅力的にしている根源なのです。そしてあまり知られていないことですが女性ホルモンは一生涯でほんの少ししかつくられません。さらに30代以降になると女性ホルモンはほぼつくられなくなるのです。

 

具体的には20代のうちに最も女性ホルモンは分泌されるのですが、これはこの時期が女性にとって最も活動的であり、何より妊娠や出産を経験する時期だからです。そしてこの女性ホルモンが人生のうちで最も多く分泌される時期は男性と比べても大きな病気になることもなく、激太りすることもなく、とても健康的な時期です。これは女性ホルモンが免疫力を高め、体を守ってくれているからです。

 

 

 

一方、この時期を過ぎると女性ホルモンは徐々につくられなくなり、30代では分泌量が極端に減り、40代にはほとんど女性ホルモンがつくられることもなく分泌もされなくなります。

 

 

このような状況になると女性は体型の劣化だけではなく、心にもその影響がでてきます。

 

特に女性と男性の最な違いとしてあげられる周囲との調和や共感などのコミュニケーションにおいて男性化してくることがあげられます。よくおばさんになると図々しくなってオヤジのように怒鳴り散らす女性がいますよね?これは女性ホルモンがつくられなくなり、ほとんど体で分泌されていないために精神にその影響がでているのです。

 

また病気からも守ってくれている女性ホルモンですが、最近の研究結果では女性の病気の中でも多い骨粗鬆症やアルツハイマー病、橋本病なども女性ホルモンによって発病を抑えられることが明らかになりました。

 

 

このように女性ホルモンは胸や肌の劣化だけではなく、女性が健全な精神と肉体で生きていくためになくてはならないものなのです。

 

女性は25歳を過ぎたあたりから身体に何らかの変化があるといわれています。特に顕著に変化するのがバスト(胸)です。胸が垂れてきた、ハリがなくなった、大きさはさほど変わらない気がするが萎んだなどを感じている女性がとても多いです。いわゆる胸が劣化してくるのです。これは年齢の問題もありますが、1番関係しているといわれているのが女性ホルモンのバランスです。女性は25歳前後で重要なライフイベントを迎えます。出産や授乳です。これらを経験した女性は明らかな身体の変化を感じるのです。また、女性にとってのライフイベントを経験していない女性でも年齢とともに身体は衰えてくるのです。もちろん、例外的に胸などが全く変わらずに劣化していない女性もいます。こうした女性は身体を劣化させない、バストなどを劣化させないためにしっかりとしたケアをしているのです。そしてこうした胸を劣化させないために最も効率的な方法といわれているのがサプリです。バストアップサプリメントは胸を劣化させないための成分が最適なバランスで配合されています。具体的には女性ホルモンを活発化させるための成分、ハリやツヤをだすための成分、身体を若々しくスリムに保つための成分などです。これらを年齢を重ねるとともに補給してやることで胸などを劣化させず、美しい魅力的なバストに保つことができるのです。20代後半から40代までアイドルとして活躍している芸能関係の女性や美容のための情報を提供している女性雑誌の編集者などがこうしたサプリを好んでよく飲んでいることは有名です。


このページの先頭へ戻る